乳酸菌サプリ オリゴ糖

ビフィズス菌が増える方法

『ヨーグルトにオリゴ糖の粉末のサプリを入れて時間を置けば
ビフィズス菌は増えるのでしょうか?
効率よく体内の乳酸菌やビフィズス菌を増やす方法を教えて下さい。』

 

まず、ヨーグルトにオリゴ糖を加えた程度では
乳酸菌が増えるということはないと考えられるようです。
増やすためにはノウハウが必要になります。

 

そこで、ヨーグルトなどを食べてから体の中で乳酸菌や
ビフィズス菌が増える方法を考えましょう。

 

基本的に腸内の菌は善玉菌と悪玉菌、
そして日和見菌に大きく分けられます。

 

これらの菌の割合というのはある程度は決まっています。
しかし、環境の変化によるストレスや、食生活の変化などによって
悪玉菌が増えてしまう場合があります。

 

悪玉菌が増えると、便秘になってしまったり、逆に軟便になってしまったり
不調をもたらします。

 

そこで腸内環境を整えるためにビフィズス菌などの善玉菌が必要になります。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは?

その前に、ビフィズス菌と乳酸菌の違いについてご説明します。

 

どちらもヨーグルトなどに含まれていたりするので同じもの、
と考えられやすいですが実は全く別物なのです。

 

まず、乳酸菌についてですがこれは乳酸を作り出して身体にとって良い
働きをする細菌の総称なのです。
主にビフィズス菌のサポート役となって、ビフィズス菌が生息しやすい
環境をつくる働きをします。

 

次にビフィズス菌ですが、これは乳酸と酢酸を作り出す細菌。
この酢酸は殺菌能力が高く、悪玉菌を防いで腸内環境を整えるのです。

 

もし、ヨーグルトでビフィズス菌を摂りたいと考えるなら、
「ビフィズス菌配合」と謳われている商品を選びましょう。
普通のヨーグルトにはビフィズス菌は入っていません。

 

ビフィズス菌はオリゴ糖をエサにするので、ヨーグルトとオリゴ糖を
同時に摂取するのは効果的と考えられます。

胃酸に弱い!?サプリメントならコーティングで効果的に。

乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱いという特徴があるので、
サプリメントで摂取するのもおすすめです。

 

今は胃腸まで生きて届くように、特殊な加工(カプセルに入れたり、
コーティングしたり)をされたサプリメントが数多く出ています。

 

ただ、乳酸菌やビフィズス菌が生きたまま腸に届いても
そこに住み着くことはほとんどないそうです。
一定期間働いたあとは、体外に排出されてしまいます。

 

だからこそ、毎日摂り続けることが重要なのです。

 

サプリメントなら手軽に飲めるので、続けやすいというメリットもありますね。

 

サプリメントなどで乳酸菌やビフィズス菌を摂り続けて
体内で働く善玉菌の数が多い状態をキープしましょう。